ストレート脚椅子の仮組

ストレート脚の椅子を作り始め、今日は仮組してみた。

座板の前幅230×後幅190mmで小ぶりなため、全体をスリムにした。

脚の斜め穴を15度、高さ調整前で390mmにしたが、イメージより脚の開きが広くなった。

背板支柱530mmで、座ってみると丁度良い塩梅な感じ。

寄せ集めの材で、座板/(キハダ?)、脚/ケヤキ。背板/(シナ?)背支柱/水目桜、楔/カリン。仕上げはチークオイルorウレタンニス(マホガニ)予定。

今回で分かったのは、四方ころびを作るにはストレート脚で角度付き穴あけより、偏芯脚の方が作る時は面倒だが組み立ては簡単。

次は偏芯脚でズングリムックリ型の椅子にしようかな。