ヒントが欲しいのだが

今日は小雨でのんびり、しばらく間があいていたボールペン作り。

ベン先の握りが盛り上がった「滑り止め型ボールペン」。

発注者の指定型で、とても握りやすく書きやすい形状。

ターニングでは、盛り上がりの角度と凹み具合で微妙に感触が異なる。

1本毎に握り感触を確かめているが、何分手作業でのターニング、自動製作と違って若干の相違は出る。

このタイプは自作ボールペンで時折見かけるが、文房具売り場のメーカー品では見当たらず。

材質、デザインは変わっても形状はほとんど画一的、専門的な研究結果の握りやすく、使い易い形状のペンが市場に出ないかな。

本音は新しいデザインのボールペン作りヒントが欲しいのだ。