新顔登場

春日部にもやっと梅雨到来、朝から一日降り続き落ち着いて室内作業日。

高萩の「たなつる工房」さんから分けて頂いた朴でパン皿を作る。

最近昼食に使っているパン皿も朴だが、小判形で分厚く作ったもの。

今回は、たなつる工房さんより頂いたケヤキのバン皿を参考にして、アレンジしながら表面は凹み型、裏面は形を変えて作る。

径200~240mm、凹み7~10mm、厚さ15~18mm、パン皿は通常白木のままで塗装無しだが、今回は多用途にして木固めエースを塗布。

トチ、さくら、カバ、ナラ、樫、けやき、ウォールナットetcでかなりの数を作ってきたが、朴で本格的に作るのは初めて。「新顔登場」。

特徴の黄緑色に杢が入り底光りもあり、昼食のパン、美味いだろうな。