樹皮の美容方法はないかな

7~8年前から年に何回か兄弟姉妹の夫婦で温泉巡りをしてる。

3年程前に泥湯に行った折、旅館の廊下に白樺や椎らしき丸太がごろごろ転がしてあった。伐採して間もない生木だつた。
主に「これ欲しいな」に適当に持って行け、との事で有難く頂戴する。

径20cm程の白樺を2本とその他をget、白樺1本は軒下に置いていたら虫食いでボケボケになり、1本は工房内に転がして置いたのでOK(写真)。

思い立ってぶつ切りにしたら、締まって使えそうなので10mm厚にスライス。白い樹皮を生かしてマスコット・ベンチを作ろうと思う。

右のベンチは、木工初期の物だが結構人気あり残った最後の物。

白樺は樹皮が命、はがれやすく扱いがやっかい。樺細工は樺桜樹皮をなめして工芸品にまできれいに仕上げているが、白樺の美容保存方法はないものかな、あれば7月下旬の温泉旅行で探してくるのだがな。

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    タカリキ (金曜日, 12 7月 2013 22:37)

    「白樺の酒器」として、白樺の丸太を下の方だけ、皮を残して商品化している方がいます。
    つねさんが使われている「木固めエース」を使用していると思います。
    木固めのメーカーに確認されるか、

    「モノ・モノトップページ」→「商品のご案内」→「木の器」で、福永さんのコノハシリーズの下のほうで「白樺の酒器」が見れます。

  • #2

    つねさん (土曜日, 13 7月 2013 21:08)

    貴重な情報有難うございます。
    機会をみて参考にさせて頂きます。

  • #3

    Madison Blanton (金曜日, 03 2月 2017 16:59)


    At this time I am going to do my breakfast, afterward having my breakfast coming yet again to read additional news.