スプレー作業は難しい

行きたかったが、中々機会が無かった黒部ダム観光行くことになった。
7/22から4泊5日の温泉旅行、名付けて「名湯・秘湯探訪」の23回目。

旅行には朴板に彫り込んだ看板を持参し、記念集合写真がお決まり。

今回は2泊がバス+歩きで看板持参出来ず、二日間は木綿布看板で代用にする。朴材の看板と同一サイズでプレー吹き付けで作る。

ベニァ板で文字を切抜き、並べてスプレー吹き付け、雨対策にシリコンスブレーとラッカーニス吹き付けの2枚。

慎重に吹き付けて、クッキリ文字が浮かび上がる・・・つもりだつた。

が、ベニァ板を外して見ると、輪郭がボケ、何となくスッキリしない。

ベニァ板と布の間から、ほんの僅かスプレーが入った様子。

板材看板なら彫り込み、色づけ、カンナ掛けでシャッキリするのに、スプレー作業は難しい。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    kanko (火曜日, 16 7月 2013 09:42)

    ワォ~~ 凄い!
    布でも立派な出来ですね。
    これなら、どんな山奥の秘湯の温泉までもお伴間違いなし!
    有難うございます。
    これなら私でもしょって行ける??

    我がままと欲をいえば「第23回」がないかな?

    アッ・・本物の看板の裏にいつものように書いてもらえばいいのか。
    勝手言ってスミマセン。
    22日、忘れずに持参します。

  • #2

    つねさん (火曜日, 16 7月 2013 22:23)

    第23回・忘れていた訳ではないが、どう付ければ一味違うのが出来るか?考えているところ。
    kankoセンスで2個作ってみてください。胸を張って「作ったの~」自慢が出来るよ。ヒマがあったらでOKです。