再生と創造のお手伝い

版画を趣味とする知人が移転する事になり、家財整理で古い版木が出てきた。カンナを掛けて再生したいとの事で、餞別にお手伝いする事になつた。几帳面な方で、年賀状は必ず版画を彫って新年のご挨拶。

両面に彫って20枚あり、永年の年輪を刻んだ貴重な物。

保管しておき、懐古にひたるより創造を楽しむ生き方に共感。

両面を削ってかなり薄くなったが、再生した版木で新天地での風景がどの様に彫られるか、ひょっとして来年の賀状が舞い込んで来たら嬉しいな。

再生と創造のお手伝い、こちらも負けずに創造しなくては。