気になる木を発見 その2

今週行ってきた名湯秘湯探訪温泉旅行で、樹木の自然の治癒力の凄さを見てびっくりした。

黒部峡谷鉄道・欅平駅から徒歩5分程の山道に「さわぐるみ」が3本程目をひき、一番太い立木の枝の切り口が写真の様に盛り上がっていた。

最初は変な茸かなと思ったが切り口が自然に盛り上がったものだった。

樹木を良く知っている人や、地元の人には見なれた切り口だろうが、つねさんにとっては初めて見る「珍しい切り口」。

さわぐるみは、径1m、高さ15~30mになると言われていおり、柔らかくあまり使った事はないが比較的身近な材。

自然の治癒力は凄い、杉や桜等は切り口から腐れが出る様だが、柔らかく腐食しやすいさわぐるみが、立木では腐れず自己治癒力で生き抜く。

何とも自然の力はすごい。温泉は忘れたがこの樹は記憶に残るだろう。