麦わら帽子を被ってトリマー作業

全国約3.600の高校から8校に絞られた甲子園の熱闘、あのアルプススタンドから熱中症が出ないのかな?と余計な事を考えながらラジオを聴く。
つねさん工房の屋外工房、負けずにアッチッチの状態。

先日サンダー仕上げしたケヤキ看板に文字を彫り込む、依頼主がカーボンで下書きした線に沿ってトリマーでなぞる。木屑を吹っ飛ばして涼しく。

3mmストレートビット、深さ5mmで快調に、研ぎあがったビットgoo。

この後、フォレストグリーンのペイントで文字に色付け、全体はウレタンニスを2~3回塗布して仕上げ予定。

麦わら帽子を被りながらのトリマー作業、炎天下に一瞬の清涼感あり。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    久保田康雄 (日曜日, 18 8月 2013 21:55)

    すばらしい看板が出来ましたね。トリマーをフリーハンドで操る技術がすごいと思いました。欅の木に3ミリのビットで深さ5ミリ一発ですか。ビットが折れないですか。

  • #2

    つねさん (月曜日, 19 8月 2013 17:52)

    有難うございます。
    おほめを頂く程の事ではなく、アバウトつねさんの気楽なトリマー作業です。
    書体が細く、撥ねもあるので細めのビットにしました。
    径3mm×深さ5mmまでは、それほどの抵抗感もなくOKです。
    本日1回目のウレタンニス塗布で、ぐんと深みが増し量感が出ました。8/21完成予定ですすんでいます。