ボールペン作り

爽やかな秋晴れが続き、何となくウキウキであれこれ木工を楽しむ。
amは材木店に行き、杉破風板の幅240×厚さ24×長さ3600mmを購入。半生なので暫く日陰で乾燥させ、晩秋から冬に出る鍋敷きの準備。

急ぎ依頼された「カリンコブ・ボールペン」作り(下の写真)と発送。

pmは続けてイベント用に「スマホ用ボールペン」を作る。(上の写真)

トチの玉杢があったので作ったが、シカモアに似ているが杢が濃くgoo、さしずめ「日本の貴婦人/貴夫人」の趣で優雅な雰囲気、変わったところでアンズで初めて作る。椿か梨の様なヌメッとした肌でスベスベしてgood「名付けても故郷の香り」。

あと屋久杉で1本作る、名付けて「世界遺産のボールペン」オーバーかな。夕方立ち寄る常連さんは、良い木目だな~。やはり目立つのかな。