子供の成長と共に味わいが出るだろう

仕掛中の杉テーブルが出来上がった。天板の両端は杉材、真ん中はヒバ材の三枚矧ぎ合わせで、奥行800×幅1.200×厚さ40×高さ750mm、脚は杉の正目で60mm角、未晒し蜜蝋Cタイプ塗布磨き仕上げ。
素朴で単純なテーブルだが、しっとりし落ち着きがありgoo。依頼者一家が来訪、三人の小さな娘さんも大喜び。デーブルに座ってのスナップ撮りも。ママさんによれば、食事は勿論、家事や子供たちのお勉強もここで。食事のこぼし、お絵描きでのクレヨン色、お勉強での鉛筆落書きetc、子供達の成長と共に生活の味がしみ込み、一家の味が出るだろう。

出来栄えの自己採点では70点だが、一家の生活に溶け込み、100点満点の存在になってくれる事を願うのみ。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ひねもす工房 (日曜日, 15 12月 2013 11:43)

    綺麗なテーブルが出来あがりましたね。天板はヒバですか。きれいな木目が出ていて、また塗装上りの感じがいいですね。

  • #2

    つねさん (日曜日, 15 12月 2013 17:25)

    有難うございます。
    がさばる箱ものやテーブル等は滅多にやらないが、今回は常連さんの依頼でやってみました。
    事後の手入れが簡単に出来る様に蜜蝋仕上げ、良いですね。
    ひねもすさんに刺激されて作りました。