初仕事の薪作り

早や正月も三日目、じっとしていられず工房へ、自治会(町内会)役員から依頼されていた「三世代交流もちつき大会」の薪作り。

昨年一年間で溜まった雑木、端材をスラスド丸鋸で切り揃え鉈で割る。よくもこんなに溜まったものだ。知り合いから処理に困った材の持ち込みもあり樹種も豊富。桐・杉・松・栂・桧・米松・タモ・ケヤキ・サクラ・桑・ナラ・トチ・朴・サンショ・サルスベリ・サペリ・ウォールナットetc。例年もち米30kg程セイロで蒸して餅つき。御多分に漏れず「老人村」に近く、食べる人は大勢集まるが「つき手」が集まらず困る状態。それでも市長や議員も挨拶に来られて年々盛会に。

つねさんは、子供達の独楽回しと羽子板遊びにボランティァ参加。

これだけの薪があれば、餅つき用と焚火に十分。お天気ならいいなぁ。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    kanko (金曜日, 03 1月 2014 23:10)

    初仕事
    働きもんは違うネ~~
    世の為、人の為
    キット良い事あるよ!!

  • #2

    chappy002号 (土曜日, 04 1月 2014 17:05)

    年明け早々から頑張られておられますね。
    さすがパワフルなつねさん工房さんには感心致します。(*^_^*)
    本年もお教え頂くことが多々あると思いますので
    よろしくお願い致します。
    ところで年明け早々、G社さんから工房取材の話が
    舞い込んでいます。最終的に掲載されるかどうかは
    分かりませんが、載るときはJWA会員で掲載を
    お願いしようと思っています。(^_-)

  • #3

    つねさん (土曜日, 04 1月 2014 17:49)

    皆さん、お正月早々にご訪問頂き有難うございます。
    今年も暇があったらご訪問下さい。

    chappy2号さんへ
    新年の明るい話題、嬉しいですね。
    掲載されたら是非JWA通信2014.06 NO11に投稿下さい。
    その前にJWAのHP掲示板にupして下さい。待ってます。