念の為だけど

諸々木工の合間をみて「真鍮パイプ掃除」。昨日ボールペン部材として銘木に真鍮パイプを挿し込み接着、これを面取りとバリ取りをしたが、念の為パイプ内側を「掃除」。一年程前にスリム型ボールペンをまとめて作った際、組み立てで固く、仕上がってもペン先出しのひねりが固くて閉口。注文依頼者からも半クレーム、大分無駄にした事があった。

以来、面取り・バリ取りの後はエァーで中を吹き、綿棒にCR-C556を含ませて中を「掃除」。それ以来気持ち良くスムーズな回転でgoo。

メカニズム上こまでやる必要の有無は分からないが「念の為だけど」ひと手間かけている。ターニングは簡単だけど、事前準備に手間が掛かる。物作りには当然必要な事だが、これまた楽し。