木の名前の説明がややこしいナ

大雪が収まったと思ったら、朝からの「大風」が半端じゃない。
予定ではトリマーで写真立ての裏板の溝掘りだったが、屋外作業台は北風が強すぎてアウト。代わりにcat写真立て作りに切り替え、と完成した写真立て20枚のパッケージ作業。いずれもSPF材でHCの表示はスプルースだが、これがややこしい。つねさん工房製品は、樹種を記入する様にしており、聞かれると乏しい知識ながら説明する様にしている。

パインとかメープルに様に、日常生活に溶け込んでいれば問題ないのだが、「スプルース」と説明して分かる人は(?)

樹木解説では、マツ科・Sitka spruce・スプルース/ベイトウヒ=米唐檜・アラスカ桧等々出ているが、これを一々説明も分かりにくい。

結局パッージに貼付のシールには、「スプルース」と記入してしまった。一番ポピュラーな材ながら「木の名前を説明するのがややこしいナ」