今どきの若い人は使うかな

今日は夢工房でのターニングディー、腰をかばいつつ山桜の壺作り。

登米市のturning poemさんが、日本橋小網町の「ギャラリー・エスカル」に展示販売している「針刺し/ピンクッション」がある。

先日、つねさん工房の商品入れ替えに訪問した際に写真を撮ってきた。

目新しく、珍しいので作りたくなり、turning poemさんに了解を貰い、写真を参考に作る。材はお気に入りの山桜、外径70×口径40×高さ40mmにして、シーラー+メラミンラッカー+ウルトラシャイン+カルナバ磨きでツルツルに仕上げる。自分では使った事がないので、何とも言えないが、昔々お袋が使っていたのをかすかに想い出す。

中に入れる「座布団?」は手芸綿を使うらしいが、昔は髪の毛や米糠だったとか。そちらは女房任せだが、今時の若い人は使うかな?

ちなみに前掲のギャラリー・エスカルでは中年女性に人気。あやかりたいもの。