カラフル砂時計、材の選び方が難しい

ピンクとブルーの砂時計「ひょうたん/蜂の腰」が入荷したので作ってみる。左はケヤキ材にチークオイル塗布してピンク、右はマホガニーにメラミンラッカー+カルナバ磨きにブルーを組み合わせてみた。どうもしっくりこない、色に合わせて材を選ぶのでなく、材があって色を合わせるのでどだい無理がある。さりとて、紙や布の様に手軽に材は入手出来ないので困る。

イメージ的には、明るいブナ、メープル、トチ、シカモア、水木等が合いそうな感じがする。でも材があったかな、今日は仮組でsetして見ただけ。カラフル砂時計は材の選び方が難しく、固定観念から「落ち着き」が無い様で心配。若い層はあまり抵抗感が無いと思うが、どうかな。