彫刻用のテーブルボード作り

東京の木彫教室から、朴材で彫刻用ボードの依頼が舞い込んできた。

昨年8月頃にまとめて納入して以来久し振り、つねさん工房モデルのテーブルカッティングボートの大、中、円板型の3種類。朴の荒板から節を避けて木取り、バントソーで挽き割り、カンナ、型抜き、角丸め、サンダーetc単純だが結構手間が掛かる。幅230×厚さ13~15mm×長さ250~350mmだが問題は幅のサイズ。中心部のグリーン色の部分だけならベストだが、そんな幅広板材の入手が困難で白太部分が両側に入る。実際の彫刻作品を見た事が無いので、どの様に彫刻しているのか見たい。

木工仲間のご厚意で板材を分けて頂き作っているが、まだ足りないので重ねて甘えなくては。材の安定購入が出来る事に感謝。