出来るかな、カラーBOXを漆室に

梅雨時の拭き漆準備として「漆室」作りを始める。あちこち調べると結構大きく、新品購入だと7~8万から15万前後で高嶺の花。自作で材料計算するとこれも2万前後の見込み、先週末のJWA講習会で「漆の先達」からベビータンスに杉荒板を張付ければ大丈夫との話を思い出した。中古品店から大型カラーBOXを購入、馴染の材木店から杉荒板の

幅150×厚さ13×長さ3.650mmを購入、内張りをしようと思う。

BOX内寸・幅530×奥行440×高さ1.370mm、棚は150mm間隔で9段予定。引出が2段あるので、漆作業用具、材料入れ。内面を全面杉荒板で囲うが、厚さ13mmで少々薄くで心配。恒温恒湿の器具取り付けはこれから検討だが、肝心の器作りをしているうちに梅雨入り、自然乾燥に頼りそう。下の写真は杉荒材を仮置きしてイメージ作り。出来るかな、カラーBOX大変身して漆室に。