けやき皿作り

今日は夢工房でのターニングディー、拭き漆用にケヤキ皿5枚と杉皿1枚を作る。厚さ20mmの少々難ありケヤキ板で薄い皿になつたが、練習用に作る。左上の白い皿は、木目のきれいな杉で仕上がりが楽しみ。

ターニング時間は約6時間弱、1枚1時間では遅く、40分位で仕上げ10枚は作りたいもの。拭き漆の所要時間は、やってみなければ分からないが、5回塗布しても5日間かかる。どうも手間ばかり掛かり実が少ない感じ。

このため漆の値打ちと付加価値が高くなるのかな、はるか先の事だが。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    のりうるし (火曜日, 08 4月 2014 22:23)

    漆の仕事は、漆の値は毎年上がり、かつ手間ばかりかかり、
    つねさんのやってる奉仕活動に似ています。が、やればやっただけ漆は答えてくれます。
    品物には愛着が湧き、別れるのがつらくなります。そして品物を渡した時、喜んでもらえるところが
    つかの間の喜びでしょうか。
    あらたな漆室ができ、数々の名品が生まれるのを願っています。

  • #2

    つねさん (水曜日, 09 4月 2014 07:01)

    塗師先生のコメント有難うございます。
    夢工房で、のりさんどうしているかな~、元気にやっているだろう。と話をしていたところです。実感のこもったコメント、本当に嬉しく思います。近いうちに色々教えて頂きたく思っていました。その節は宜しくお願い致します。5/8筍掘りです、ご一緒しませんか。