春が来て外回りを軽やかに

から春が来て3月末が4月にかけて自宅内外の整理をして幾分スッキリ、ついでに工房の板材格納コンテナを作り直して、外回りをスッキリさせた。同様のコンテナ2台にぎっしり詰まっていた板材、あれこれ使っているうちに1個になり在庫が寂しくなってきた。

3区分して薄、厚、雑に仕分けしてあるが、樹種はカバ・ナラ・タモ・ブナ・米松・セン・アガチス・マホガニー・サペリ・ウエンジ・ブビンガ・カラマツ、その他でバラバラ。幅450mmあり2列格納もありほぼ満杯。ブルーシートで囲ったコンテナは、山桜・ブビンガの厚板、タモ・ナラ等の薄板、樫・榎の半割生木等。屋根が薄いコーヒー色のアクリル板ので赤味掛かった光、春が来て外回りが軽やかになった。