想い出の記念にターニング

今日は火曜日、夢工房ターニングディー。赤松の枝でナチュラルエッジを2個と杯を作る。今は市になっているが、昔の地名で山形の実家がある村には昔から赤松が沢山植えられていて、松沢と言う地名が付いたそうな。実家の屋敷入口に樹齢150年とも180年とも言われる赤松の大木が2本あった。残念ながら松くい虫にやられ2年前に伐採。その枝の一部が保管してあり、昨年秋に貰ってきたのを今日ターニングした次第。虫食いと青カビが入り、状態は悪いが子供の頃は良く登って見晴た想い出の赤松。ナチュラルエッジの穴あきは、ガイド穴あけを間違って貫通させてしまったもの。この後ウォールナットで穴埋め、杯は虫食い穴があり良くないが、両方とも木固めエース仕上げの予定。想い出の赤松ターニングディーになった。