山桜カッティングボード作り

6/1(日)朝霞市の材木店で恒例のイベントがあり、夢工房の有志で出店予定。何を出品しようかチェック、大き目のボードが無くなっていたので作る事に。倉庫に幅220×長さ600×厚さ90mmの山桜の固まりがあった。両端からのひび割れあり、使えるのは長さ500mm程、

幅220×長さ360×厚25mmにスライスして3枚を挽く。カンナ掛けで厚20mmにして型板を当て下描き、バンドソーで切抜き、6R丸面ビットで角丸め、#240と#400番で空研ぎ。焼印押してブッチャー・ブロック カッティングオイル塗布。山桜特有の縞木目が走り高級材の趣あり。木の分かる人には喜ばれるが、関心の無い人には? あまり歓迎されない「しみ」に見えるらしい。木好き人の目に留まれば余は満足じゃ! 自惚れだな。