ナラだと思ったらタモだったが

午前中は昨日のイベント出品の後かたづけ、在庫を確認で木皿が少なくなっていた。午後から在庫補充に木皿板材準備。立て掛けているコンテナをゴソゴソ、真っ黒に汚れた板材にチョークでナラの書き込みあり引っ張り出す。3年位前にまとめて購入の折、木の専門家に聞きながら樹種を書いたもの。昨日のイベントで、ナラ木皿に木固めエースを塗布したものが人気、二人連れのヤングママさんがまとめてお買い上げ。

てっきりナラ材と思い、仕上がりで径200と160mm×厚さ20mmになる様に円板切抜き。50mmフォスナービットでチャック穴あけ。どうも変だ、ナラ特有の虎斑が無いし木目が粗い。タモじゃないか! がっかり。タモは木目が粗く、木皿や器には合わないと思いあまり使ってなかった。net検索、あった。「うつわ楓店」のHPに堂々とup、オイル仕上げと墨を混ぜた拭き漆が見事。木目が美しい、サイズは径150×厚さ20mmで手頃なサイズ。つねさん工房では、径200mmが好まれる。

合計17枚の円板を作ったのでトライしてみよう。楽しみだ。