見ているのは辛いが

今日は木工でなく鉄工解体作業の見学者、築40年・我が家のベランダ解体ショー。40年の昔、ガッチリした鉄骨、長さ5m×幅1m×高さ0.85mの手摺付きだがくたびれてきた。施工が拙かったのか、地盤が揺れたのか排水方向が逆転して「想定外」の箇所が腐食。地震対策も兼ねて撤去してアルミ製ベランダに付け替える。40年世話になったベランダ、解体となるといささか感傷的になる。見た目にはまだまだOKの様だが、解体してみると集中的な腐食あり止む無し。高速カッターで火花を散らしながら、切断されていく様子を見ているのは辛いが、三日後にはピカピカに生まれ変わる。愛着が湧くまで寿命との競争になりそう。2~3日は木工を休んで無言の監督者の予定。額縁作りたいんだがなぁ。