果樹二回目のご奉公

幾つ齢を重ねても故郷、親戚、幼馴染は有難いもの。例年6月下旬から7月topまでの間は、山形名産「さくらんぼ」のシーズンで楽しみな梅雨時。さくらんぼの代表格は「佐藤錦」だが、近年ニューフェースで「紅秀峰」が出てきた。佐藤錦は6月末頃まで、その後に紅秀峰が登場するとの事。さくらんぼ園を営む親戚から、思いがけずに立派な紅秀峰を頂く。大粒+甘く+やや固め+日持ち良し、との事で次の代表格になるのかな。これに勝るとも劣らぬ「大将錦」も頂き、大きさ・色合い・甘さ・歯応え、名の通りに正にさくらんぼの大将で美味い!。桜の命は短く、散り際まで愛される。さくらんぼも収穫、味覚が僅か10日前後で桜花と同じ。それ故に日本人に愛され、珍重されるのだと思う。ところでこの果樹、二回目のご奉公としてボールボンにしてみた。こちらの命は長~く孫末代までお役に立てると思う。レーザー印字でつねさん工房のオリジナルとしたいがどうかな。