伸びた「歯」は直らなかった

こう毎日高温注意報が発令されると「体がのびちゃいそー」とのぼやきが聞こえてくるが、今日は鉄の歯が伸びてなおらなかった(研げなかった)お粗末。7月中頃、日立バンドソー75mmでケヤキ厚板を挽こうと回転歯に当てた瞬間「バシッ!」の音と同時に材が吹っ飛んだ。一瞬やっちゃったーと思ったが遅かった。ブレードの歯3枚がひん曲がり、あわててペンチで修正してみる。恐る恐る柔らかいSPF材を挽く、ゴトン・ゴトンの異音で切り口は無残にボロボロ。前回は黒檀を挽くので失敗し今回はケヤキで同じ失敗。茨城県の木工大先輩にお願いして研ぎ直しを依頼していた。先日戻ってきたが、1本(黒檀で失敗)は研げたが2本目(ケヤキで失敗)は、歯が伸びて研げないとの事。写真は新品購入して取り付けするところだが、伸びた歯は恥ずかしくて写真撮らず。

親から授かった歯もくたびれて削ったり抜いたりだが、鋸刃も程度が過ぎるとスクラップ。勿体ないなぁ。