夏祭りは疲れるが楽し

今日は、さいたま市岩槻の大きな材木店「大忠と木力館」の夏祭りに参加。10時から3時までの5時間ながら、続々と親子連れが詰めかけ大盛況。終礼の発表では予想外の5百数十人来訪、準備した食べ物は午前中で売り切れで嬉しい誤算との事だった。つねさん工房コーナーにも大勢来訪でてんてこ舞い、目玉の「彩の桧切抜き手形」に掛かりっきり。昼食抜き、トイレ我慢、冷たい飲み物のままならず。開催時間の5時間、糸鋸での切抜きに専門で4枚/時×5時間=20枚で計算通り。腰とお尻が痛い。合間に木工品の説明と販売。一番人気は「山桜テーブルボード」、糸鋸に向かいながら一言声を掛けると納得お買い上げ。独楽作り実演要望で、小型木工旋盤を持ち込むも糸鋸作業で手が回らず。上の写真は恒例の「模擬上棟式の餅(菓子)撒き」で大賑わい。下の写真は「親子木工教室の椅子・本立て作り」、夏休みの工作で子供より親が必死に格闘。つねさん工房の写真は撮り忘れ、時間が取れなかった。夏祭りは疲れるが楽しいイベント。