ターニング入門編が必要だな

今日は珍しくターニングをやってみたいので相談に来た、との事で二人来訪。一人は退職後の趣味としてターニングに興味があり検討したい。

二人目は、瓢箪の栓を作るのにターニングでやりたいとの事。ひょうたん人物は、自宅で瓢箪を栽培、収穫、加工まで一貫して行っている様子。現物持参しての相談、写真の栓はろくろで挽いて貰った様子だがあいまい。軟らかい材で出来映えは? 広葉樹で色合いを考えて作れば、瓢箪完成品の価値が数段上がると思う。必要機材、習う事、購入先、材の手配、横の連携etcで約1時間、二人で2時間。来週も来訪予約があり、時間・正確さ・記録・活用等を考えるとJWAで「ターニング入門編」を作っても良さそうに思う。JWA会員の知識と経験を煮詰めた「Q &A」はどうかな。