5CH・人生の楽園の様に

タイミングが合えば、いつも5CH「人生の楽園」を楽しんでいる。今日は昔よく出張で行った、大阪・河内長野市で手造りSLを楽しむ話題。パーツから全て手作りで現物の1/10スケールで組み立て、子供を乗せて走る。TVでは校庭にレールを敷いて、一日650人も乗せたとか。15人/回として40回近くの周回で凄い。こちらは吹けば飛ぶようなPF1×4材を切り抜いて「汽車ポッポ」。車輪の入荷待ちで完成は来週の予定。イベントやショールームでお買い上げがあり在庫切。午前中に4編成=20両を作るが、幼児相手ではこの程度か。本来はブナ・タモ・ケヤキ・トチ等で作れば、もっと存在感が出るのだがコストと糸鋸での切抜きが大変なので、柔らかくリーズナブルな材になってしまう。人生の楽園の様に悠悠自適で人生をエンジョイ出来れば最高だが、現実は「人生の苦園」でもがきながらギリギリの限界で木工を楽しんでいる始末。ままならぬのが人生だな。