秋晴れに快調ターニング

今日は本物の秋空で気分爽快、つられてターニングも快調。昨日に続き角皿作り、200mm角のサワラで6枚、160mm角のヒノキで2枚、計8枚を仕上げる。午前中3時間で8枚、計算上は23分で1枚仕上げで慣れてきたのでスピードup。昨日は50分だったので半分に時間短縮。ガウジのシャープニングと段取り+慣れ+勘=効率up。何だかあっけなく物足りない。2枚目の写真は高台だが、どの位の径にすれば最適かまだ分からない。200角は120mm、160角は63mmにしたがこれは小さすぎ。80mmが良いかも。3枚目の写真は、柿渋1回目の塗布したもの。木地そのままだと白すぎるので、重もみを出すために色を付ける。あと2回塗布すれば良さそうなので乾燥中。最後は木固めエースの予定。

今日みたいな爽やかな秋晴れだと気分良く、木工も弾む。単純だな。