柳の下に二匹目の泥鰌は?

火曜日で夢工房ターニングディー。野暮用で行くのが遅くなり、また打ち合わせやダベリングでターニング時間はいつもの半分、のんびりディー。ボールペン用の銘木を持参して「ドングリ・ストラップ」作り。日曜日のイベントに付録で持参のドングリ・ストラップがすぐ売り切れの人気。11/1~11/7にイトー・ヨーガ堂のギャラリーに出店するので、柳の下の二匹目の泥鰌を狙って作る。トチ・ケヤキ・えーと何だっけ、度忘れした名前の銘木(紅鉄刃木=紅タガヤサン?)がきれいなので、これを多く作る(旋盤の作りかけのもの)。実の部分をウルトラシャインで磨き、カルナバ仕上げにする。軸を4mm前後にして、2mmの穴あけしてストラップを通す。登米市のターニング・ポエム作のドングリが木の宝石なら、つねさん工房のは枯葉の中のドングリか。上手く出来ないなぁ~、二匹目は無理か。