万が一のRed bar

夢工房の門を叩いてかれこれ6年、ターニングの手ほどきを受けながら未だ初心者の域を出ず。教えの第1条「ケガをしないターニング」、お蔭様でケガらしいケガをせずにターニングを楽しめているのはこのお蔭。車の運転歴57年もケガ無しで運に恵まれてきた。だが明日の保証は無い、生命保険と同じで万一の次善の策が必要。今日は心響太鼓工房に依頼して「木工旋盤/ビーバーに緊急遮断バー」を設置してもらう。赤いバーを膝・脚で軽く押すと電源遮断で回転stop。夢工房の木工旋盤約10台にも設置してあり、JWA講習会でも安全対策の必要性を喚起する実物事例となっている。事故発生なしが前提でターニングを楽しんでいるが、「万が一のRed bar」があれば発生しても程度の軽減になる。勿論機械任せでなく、自己管理での防止が第一!

◎心響太鼓工房 http://1st.geocities.jp/sinkyotaiko/  ご参照