些細な事で喜ばれ

たまに立ち寄る中年美人が、友人と連れ立って来訪。お連れさんが包丁に名前を入れたいとの事。母親の古希お祝いに「関の孫六包丁」を贈りたい。ついては送り主の名前を書いてくれとの依頼。バーニングペンで書くのは簡単だが、折角の贈り物なら自分で書いたら良いのではとお勧め。おっかなびっくり置き込む。上手い下手は別にして、これで母娘の会話に話題が一つ加わり、盛り上がる事だろう。奥様族仲間で「名前を入れたい」希望が沢山あるので「団体で連れてきたい」の要望。勿論大歓迎! ついでの木工品購入を期待して。来訪のお二方も小物お買い上げ、オマケの方が多かった。美人には弱いので。

今日は野暮用の連続で木工出来ず。12月はのんびりしたいもの。





今日は野暮用の連続で木工出来ず。