杉の大判小判皿作り

今日は火曜日の夢工房ターニングディー、昨日切り抜いた杉小判で木皿作り。

予定通り大判300×200mmと小判270×170mmを5枚づつ計10枚完成。

正味4時間のターニング、杉は軟らかくついつい薄くなってしまう。夏目冬目の年輪堅さが極端に違う。空研ぎペーパー掛けを念入りにするが、仕上がりはつるんと出来ず見栄えやや悪い。柿渋で落ち着きのある色に染めようかと思っているが、思案のしどころ。