この焚き木で美味い餅が出来るぞ!

世間の正月休みは今日で終わり、明日からはまた気忙しい毎日が始まる。

つねさん工房もその予定だったが、暇なので工房へ。約400世帯の町内会(自治会)では、毎年1月第2土曜日あたりに「三世代交流もちつき大会」が開催される。お偉い衆参議員さん、市長やかばん持ち議員等も来訪し、お決まりの年頭ご挨拶もある。搗き立ての餅が振舞われろ為に、夏祭りより大勢の住民が参加(餅食べに)する。先日実行役員が工房に来訪「焚き木の提供」要請があり、端材・残材で焚き木を作る。会場の公園では、もち米蒸かしの焚き木の他に、ご老体皆さんの暖房用にかなりの焚き木が必要になる。石油缶で速成ストーブを4~5ケ所に配置。焚火を囲んでワイワイガヤガヤの世間話が楽しくての参加者が多い。堅木・軟木ごちゃまぜで10束位出来て、お蔭様で工房周りがすっきり。つねさんは、独楽回し大会の世話役ながら、合間にご馳走になる搗き立て餅が美味く楽しみ。この焚き木で美味い餅が出来るぞ!