ホールインワンにチャレンジ

現役時代には社用ゴルフで何十・何百ラウンドプレーしたか記憶に無いが、生涯平均アベレージは「除夜の鐘」前後だったと思う。止せばいいのにホールインワン保険にも入って、一端のゴルファー気取りの時代もあった。クラブを持ち替え「グラウンドゴルフ」に転じてからは、アンダースコァは当たり前。ホールインワンも時折あるが、さしたる感慨も湧かず。みぞれの降る今日は、フランス式「ゴルフ独楽」の試作。独楽回し台を手に乗せて、独楽を回して中心の穴に入れば「ホールインワン」。簡単に出来そうだが中々出来ない、グリーン相当の独楽回し台の中心部はゆるやかなupコース。回っている独楽を乗せた台を前後左右に振り動かしながら攻める。本式ゴルフのホールインワン確率は、アマで10.750ラウンドで一回との統計があるそうな。手のゴルフは5ラウンドに1回位か、慣れないと入る前に独楽がダウン。イライラ・肩凝りは自己責任、ゴルファーの暇つぶしに如何かな。