気取りは慎重に

今日は暖かく、朝から外で杉柾目板の木取り開始。角皿を中心に作ろうと思い正方形作り、スライドソーで小口をスパッとcut、直角を出しに手押しカンナで微調整と端面を滑らかにする。柾目は見ていて気持よく、楽しい作業。

サイズ毎に切り分け、下の写真の様に22枚作る。

角皿台板として22枚、150×150mmを8枚、160×160を4枚、180×180を2枚、200×200を8枚で厚さ30mm。小判皿中継270×短径175×厚30mmを3枚、器用に径150×厚43と径180×厚43mmを2個、合計29個の木取り。

当分杉の粉まみれになりそうだ。