お地蔵さん作りのお手伝い

夕方になって造園主がお地蔵さんを持参で来訪。三段重ねの台座と貫通するダボ(8.5mm細棒)の加工依頼。

早速ターニングでお地蔵さん作りのお手伝い。

仏像彫りも手掛ける尺八師匠も来訪、お茶をすすりながらしばし仏像談義が始まる。当方は門外漢で拝聴のみ。

一体完成させるのに結構な時間と体力が要る様子。気短な自分には程遠い分野、完成お披露目が楽しみだ。