昔の「頭さ来たー」を思い出して

今日は仕掛中の座卓の組み立てと塗装や雑用の一日。木工と関係ないが、昔の腹に据えかねる野暮な事を、くだらないマスコミ報道に連動してup。

日経朝刊の「春秋」を読んで、書き出しの5~6行で本題の内容を当てるのが楽しみの一つ。勘が冴えている時は7~8割は当たる。2/28の春秋記事は、最初の3行で「大当たり=大塚家具のドタバタ騒動」。20年以上の昔話で、今以て頭に来ている事がある。大塚家具。地元春日部市のヨーカ堂前に創業した店がある。ヨーカ堂の買い物ついでに家具の下見のつもりで訪問。対応の女子社員「うちは飛び込みの方は入店出来ません」それなりの会員様のみです!いかにもサラリーマンは相手にしない! 横柄な態度と高飛車に言い草に「頭さ来たー」。こんな店2度と来るもんか! 爾来我が家の家具は親切な島忠家具センターオンリーに。おらが春日部で創業した大塚家具、犬も喰わぬ父娘喧嘩の無様な会社。経営方針にケチを付けるつもりは無いが、20年以上昔の事でも昨日の如く鮮明に覚えている。個人的には、こんな会社は消えてしまえー。と叫びたい。単純だなぁ。