プレゼントには良いのだが

今日はJWA(日本ウッドターニング協会)の技術講習会。テーマは刃物の研ぎ方と携帯楊枝入れ作り。3ケ月に一度の技術講習会だが、宮城・福島・新潟・静岡等から泊りがけの参加もあり盛会。新人からベテランまでの集まりで、合間の歓談にも熱が入り共通の話題に花が咲く。携帯楊枝入れは、四角の材を偏芯三角形にターニング(削る)するので技術を要する。いつもの事ながら、仕上げのターニング(約30分)より、準備の下拵え(三日間)が大変。写真は講師の実演で鮮やかなスキュー(刃物の一種)さばき、四角がみるみる偏芯三角に変化で見事。工房への来訪者やお買い上げのサービスに、ドングリ・コマ・カトラリー等をプレゼントして喜ばれている。この楊枝入れもプレゼントには最高だが、かなり手間暇掛かり高価になるので過剰サービスかな。相手次第だが。