新車 UFO car作り

桜満開、春うらら、新年度の4月を迎え大企業から中小企業まで、賃上げやベースupの活字が躍る。年金も上がってくれ~と、こぼしたくなる。上がるのは食品や消費財も、軽自動車税も大分上がるとの事。つねさん工房の「UFOカー」も上げたいが迷うところ。amは塗装作業、pmにmy工房の在庫が少なくなったので、補充に22台分の部材作り開始。タモとケヤキの厚材を挽き、自動カンナで厚40mmにする。型板で下描き、ボディーに径50mmのフォスナービットで穴あけ、6mmの車軸を通す穴あけ。白っぽいのはタモ、黄色っぽいのはケヤキ、径50mmの新品フォスナービットだが、ケヤキは堅く熱と煙まで出てくる。この後3mmバンドソーで切抜き、12R丸面ビットで角落とし、木製タイヤ取り付け予定。従来はは米松ボディーだったが、今回はタモとケヤキにつき消費税+αをupしたいところ。子供に材質は分からないしなぁ・・・

ケヤキとタモ材を厚40mmにして、UFO carのボディー下面を手押しカンナで直角にする。子供のおもちゃには勿体ない位の材、使わなくては価値が出ないし、持っているだけでは駄目だし。この分別が難しいところ。