器用に厚板挽き

今日は一日器用の厚円板作りで厚板挽き作業。下2枚の写真の様な分厚い材を倉庫から引っ張り出し製材。ケヤキ幅400×長さ450×厚180mmと栓の幅300×長さ620×厚110mm、同じく330×400×100mmの3本。このケヤキ材をgetした折に、数十年ほったらかしのケヤキ材と聞いていた。締まってカチンカチン、縦挽き途中でバンドソーがストライキ。日立工機のバンドソー、75mm幅ブレードで問題なく挽ける筈がエンスト。ブレードを外して再調整に約1時間、イライラするも自己責任で止む無し。飯椀用にケヤキ6個、多用途椀用に栓で10個を作る。円板切抜きは、幅10mmブレードのバンドソー使用。仕上げまで当分掛かるな。

ケヤキ材から飯椀用に径140×厚70mmを6個、腰掛用偏芯脚材60角×長さ430mm4本とり左の厚材は取って置き。栓の固まり10個挽く。

ケヤキ幅400×長さ450×厚180mmの材、栓300×620×110と330×400×100mmの材。