藤に誘われて

春日部市はメジャーな特産品はあまり無いが、強いて挙げれば桐タンスと麦わら帽子、追加で藤通りかな。今日は爽やかな晴天に恵まれて「第34回春日部藤まつり」、何年振りかでのぞいてみる。約1.1kmの藤通りは丁度見頃、15万人動員予定とかで大勢の人出。写真は春日部親善大使・シンガーソングライターのあえかさん(?)がキーボードを弾きながら歌っていた。気になったのは、上を向いて藤を眺めたりシャッターを切るご仁がほとんど居ない事。藤棚下の出店に群がり、食べたり飲んだりばかり。昔の藤は長~く垂れ下がり香りも強かったが、最近は剪定のし過ぎか短く、香りも漂わず風情が無くなってきた。

藤棚下の漬物屋でキュウリの一本漬けをget、かぶりつきながら藤見物、塩味効いて美味かった。故郷・山形の田舎も今日が「村祭り」行きたかったな~。

家族連れで賑わう藤通り。