プラネットプレート?

カレンダーは早や5月入り、早朝散歩で工房への用水路左右は田植え入り。

6時から7時までの1時間と午前中、山桜で写真の様な分厚いプレートを作る。

午後からあちこち走り回り、デジカメを工房に置き忘れ。代わってお手本の写真をup。実物写真は明日upへ。木工本の「手づくりする木の器」46P掲載の

京都炭山朝倉木工の「プラネットプレート」が気に入っているので、山桜で4枚作った。2年位前にも何枚が作ったが、木好き人の目に留まり完売。

もっと作れば良いのだが、厚35mm前後必要なので材が勿体なく中々手が出ない。写真のウォールナット径260mmは500gあるとか、豪華。この工房は家具木工店で切り落し材で作っている様子。カバ・ウォールナット・チェリー・トチ等々で羨ましい。出先で立ち寄ったお馴染の材木店にサクラ材が入荷、幅450×長さ4.000×厚45mmとか。値段問い合わせ中ながら、目ん玉飛び出るだろうな。他にケンポナシ・トチ・ケヤキその他。何とかgetを考えよう。

朝倉木工主・朝倉 亨さんがて手にするカバ材プレート。オイル仕上げ?