若手のイベント見物へ

初夏の日射しは強いが、強めの風が吹きわたり快適な日曜日。姪っ子のイベントを見に八千代市・やちよ農業交流センターで開催の「八千代のマルシェ~」へ。絶好のイベン日和で駐車待ちに30分はいずこの会場も同じ。20・30代の女性中心の出店イベントらしく、こじんまりしたテントに趣味のクラフト系が雑然と並ぶ。子連れファミリーが多く、年配者は数えるほど。木工関連も僅かにあったが、来場者層をみるとどうかな? @設定は多少木工の心得がある人には、自分でもDIYで!と思うのでは。出店物は千差万別ながら、デザインやセンスに若さが見られ参考になった。地元八千代のトマトや大根、レタス等を手土産に115kmのドライブ。気晴らしのに日曜日でした。

イベントでの木工品展示販売は、作った本人が作る気持ちや木の特徴、使い方等の説明をすれば、興味を示し手に取って眺めるもの。出来れば参加して応援したいところ。今日は見物で我慢のみ。