初めての箸立て作り

夢工房ターニングディー、今日は初めての「箸立て」作りに挑戦。近所の奥さんが、大き目の箸立てを作って欲しいとの依頼あり。特上桧角材の90×90×600mmを持参してターニング。作り方は単純で。丸棒を作りフォスナービットで穴掘り、外側を成型すればOKなのだがややこしい。簡単に穴掘りが出来るはずだが、慎重にやるにはビットを順次8回大きくしていく。

25.30.35.40.45.50.60.70mmのビットで掘る。成型後に飾りで黒筋を焼き込む。左から外寸で口80×底85×深さ130×全高160mm、中と右は同じく80×87×120×140mm。木目がきれいで出来映え80点かな(あまいが)、最後に木固めエース仕上げ予定。依頼者の奥さん、満足してくれるかな。

桧は軟らかく、ターニングは易しいほうだが柾目の深堀はやや緊張する。

写真は口径70×深さ120mmに掘ったところ。