大きく育て!

am5:30頃、いつもの早朝ウォーキングで工房へ行く途中、用水路のカルガモ親子に出くわした。親鳥にピッタリくっついて10羽のコガモが懸命について行く。例年だと4~5羽の子連れカルガモを見掛けるが、今年は大家族。この用水路には居付きの鴨が見掛けられ、比較的安全な環境だと思われる。人間家族では、二人育てるのにも四苦八苦だが、11羽家族の子育て術はどうなっているのかな。たまにパン屑を投げ与えいる老夫婦を見掛けるが、それとて続かない。親鳥まで生き残れるのは何羽か? 10羽揃って大きく育て!

今日は野暮用続きで木工無し、明日から週末までドライブ旅行、ブログお休みです。話題が拾えたら次週upかも。