仏像彫のお手伝い

三日間ほど約1.000kmあちこちドライブで気分転換、今日から木工再開。

近在の仏像彫りを趣味とするご仁の依頼で若干のターニング。銀杏材で臭い、お寺の銀杏で仏像になって里帰りとか。左から框座・反座・蓮台・光背と言う部材。これを彫刻刀で彫り込み、組み立てるそうな。ターニング作品は即完成だが、仏像は何か月の作品作りで大変な様子。いずれ近いうちに仏様にお世話になる身、いささかのお手伝いで信心を形にしたい気持ち。ダメかな。