大盛況で疲れた一日

今日は「第17回はつかり感謝祭」、爽やかな初夏の陽気に誘われて10時openと同時に三世代親子連れがぞくぞく来訪。毎回このイベント企画力に感心するが、今回も期待以上の素晴らしい運営と動員力。お蔭様でつねさん工房ブースにも大勢の来訪者で賑わう。今回は小さなお子さんが大勢で「りんご型切抜き手形」の注文が多く、10時から3時半までぶっ続けの糸鋸作業。飲まず食わず、トイレもままならず腰が曲がったまま。こんなにくたびれたのも久し振り。と言う訳で写真を撮る暇がなく、最初のチェンソーアートと最後の社長御礼ご挨拶のみ。木工仲間4人で出店したが、仲間の応援で何とか出来ました事有難うございました。帰宅即風呂でぐったり、でも楽しい一日だった。

材木店にふさわしい舞台で御礼ご挨拶の関根社長、このあとピンゴが続き豪華景品に大満足のお客様。みなさん良い笑顔でした。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    木挽屋次郎 (火曜日, 09 6月 2015 21:01)

    あちゃ~~
     写真撮ってくれてたんですか、知らんかったです。 お陰さまで久しぶりのチェンソー彫刻、皆さんに助けていただいてなんとか形になったような・・・(汗)
     糸鋸盤オイラも入手したんですが、まだちゃんと操作できるレベルに到達しないままです。
     そのうちに そのうちに と言ってる間にお迎えが来ちゃうかも知んないですが(笑)なんとか頑張って元はとりたいものと(爆笑)企んでます。 先輩諸氏 ひとつよろしくご指導をお願いします m(__)m

     
     

  • #2

    つねさん (水曜日, 10 6月 2015 18:20)

    ありがとうございます。
    感謝祭の幕開けにふさわしい、チェンソーの轟音と吹き上がる赤松の鋸屑吹雪。いつみても迫力満点のアクション、お若いですね。本当は最初から完成まで見ていたかったが、お客様応対で全く脇見も出来ず残念でした。
    貴殿のHPを時折訪問、名文と奥の深い解説に感心しきり。多忙の合間に是非樹木の薀蓄をご披露下さい。猛暑近しご自愛ください。