歓迎の意を木工で

今日は通院日でpm15:00まで工房、朝から掃除や片付けでモタモタ。明日、職場の後輩ご夫妻が来訪予定。優秀な後輩が同僚になり、自分が第一線を退く頃にはやがて上司・TopNO3にまで「偉く」なった。輸入人事の上役はさておき、新入社員からの双六出世は後輩でも嬉しいの。その後輩も後輩に途を譲りボチボチ引退間近。ご夫妻揃っての工房見学来訪では、精一杯の歓迎をしたい。何が良いのか、ウエルカム・ボードにしようと思い付き準備開始。だがお互い若くも無いので、写真の歓迎看板に変更。SPF材1×10の1.5mもの。トリマーに8mmストレートビットをset、深さ4mmをフリーハンドで彫る。この後ペイントするが、生憎の雨で乾かず2時間置いてカンナ掛け。まだ生乾きで細かな木屑が張り付き取れずしまった! せめて歓迎の意を木工で表したい。