自信過剰じゃ無いんだが

最近暑さの代表格として、埼玉県の熊谷市や群馬県の館林市が良く報道される。おらが春日部市も負けず劣らず、my工房内の温度計は34~35℃はいつもの事になっている。今日は朝の涼しいうちから看板作り、13文字の裏表26文字をトリマーに8mmストレートビットをセット、フリーハンドーで彫り込む。

午前中に色付けして、午後から色のはみ出しを自動カンナ掛けして表面をきれいにする。続きの写真はフォレストグリーンとブラック文字。真っ黒けに汚れた板を引っ張り出し、一皮むいたら朴?の様な軟らかい材、何だろう。

来訪者は決まって「木工を教えてくれるのですか?」、都度素人なので教えられないが、お手伝いは出来ますよ。の返事。アマチュァ木工10年近くやっていると、ついあれこれ講釈をたれてしまう。こんな看板を掲げると自信過剰と受け取られるかな。いささか心配だがやってみようかな。



コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ひねもす工房 (月曜日, 20 7月 2015 20:14)

     力強い看板が出来ましたね。益々商売繁盛することでしょう。ところで館林市は群馬県です。余計なお世話でした。

  • #2

    つねさん (火曜日, 21 7月 2015 20:06)

    ありがとうございます。
    そうだよね、館林は群馬だった。近いのでついうっかり、美智子皇后に失礼しました。

  • #3

    木挽屋次郎 (火曜日, 04 8月 2015 03:48)

    暑いですね毎日。
     オイラ、ルーターとトリマーの区別も付かないのですが、フリーハンドでこれだけの文字が書けるというのは素晴らしいってわかります。
     見習いたいけど、怪我しそうで怖い(汗)